Loading...
  • 2017.12.12 Tuesday

    よくばり女。

     

    埼玉県S様邸のファーストプラン。
    とってもとっても気に入っていただき
    ほぼそのまんまでご建築となりましたー。

    あれから約1年。
    とうとう完成!
    ひときわ目立つ夢いっぱいの大きなおうち。

     

    私のメインのおしごとは住宅や店舗の意匠設計です。
    おうちや店舗の基本設計して
    そのイメージにあった内装設計、
    インテリアデザイン、コーディネート、
    ご要望に応じてエクステリアをデザインします。
    建物という箱だけ造るのも
    箱の中の内装だけっていうのも
    満足できないとってもよくばりなのです。


    なので毎日毎日決めることだらけです。
    日常生活ではなんでも忘れっぽくて
    めがねかけたまんま風呂はいったりしますが
    お仕事の内容は忘れないんです。
    監督たちに不思議がられてます。
    とはいえ
    何物件も重なってると
    打ち合わせでお客様に
    何回もおなじことへーぜんといったりするので
    この人、ボケてんなーとか思われてるでしょうーwww

    ブログを読んでいただきありがとうございました。
    お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

    おしごとのこと | permalink | comments(0)
  • 2017.12.11 Monday

    カントリー上等。

    アメリカンカントリーの代表的マスコット、
    アン&アンディ。
    赤毛がかわいい♪

    さて。

     

    業界の中で
    カントリーインテリア、というと
    はっ?
    むりっ
    っていうアレルギーを持ったヒトに
    いままでたくさん会いました。
    「カントリーぽいデザインやってる」
    っていったとたん
    あ、あぁ~ねぇ…って感じで薄笑いされて
    ムカついたことは1度や2度ではありません。

    でもね。

    声を大にして。

    私は言いたい。

    カントリー上等。

    カントリーでなにが悪い。


    「私のカントリー」というインテリア誌があります。
    自然素材、古いものを慈しむ気持ち、
    心地よい暮らしにこだわった
    家づくりを提案しています。
    廃刊・休刊の多い雑誌業界の中で
    創刊26年目を迎える最長老のインテリア誌です。
    ナチュラルインテリアの元祖、総本家であります。
    私も創刊のときから愛読していて
    海外のインテリアへの憧れは
    この雑誌で強まったように思います。
    読者年齢層は幅が広く
    親子2代でファンという人も多い。

    こんなしっかりと根強いニーズがあるというのに
    なのになのに
    どーして鼻で笑われるのか
    ずっと納得いかなかった。
    でもね
    いーんです(川平慈英風)
    ニーズがあるってことは
    世の中に必要とされてるってことで
    それって何より強いのだ。
    カントリー万歳。

    ブログを読んでいただきありがとうございました。
    お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

    おしごとのこと | permalink | comments(0)
  • 2017.12.09 Saturday

    家事室だってナチュラル可愛いのがいい。

    ここは家事室兼洗濯室です。
    おひさまのさんさんと当たる
    気持ちのよい南側にあります。
    キッチンとか家事室とかって
    住宅では北側のくらーいところにあるのが
    ひと昔前は一般的でしたが
    家族の快適な生活と健康を守る場所なのに
    ってことで私は
    おうちの中でもたくさん太陽の光があたるところに
    プランすることが多いです。


    洗濯機のとなりに可愛い洗面台があります。
    ここは洗濯の下洗いをしたり、
    靴をあらったりするために
    深めの洗面ボウルを採用してます。


    かわいいブルーの勝手口のドアを開けると
    屋根のかかった物干しスペースへとつながっています。
    洗濯して、干すという動線は直線がいちばんです。


    で。

    私のお気に入りはコレ↓
    洗濯機の水栓!
    かえるの手みたいでかわいすぎる。

    というわけ

    で。
    2畳ほどの家事室にぎゅぎゅっと詰まった
    かわいいをご紹介☆

    ブログを読んでいただきありがとうございました。
    お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

    おしごとのこと | permalink | comments(0)
  • 2017.12.08 Friday

    無知。

     

    現場にて
    次の案件の和室の納まりがわからないと
    ぶつぶつひとりごと言ってたら
    大工さんが見本を造って渡してくれた。
    なんか、ありがたくて、泣きそうになる。

    地下階のRCの工事が終わって
    年明けにいよいよ木造部分が着工するK様邸は
    和室ばかりの本格和風住宅。
    昨今和室と呼ばれているほとんどが
    大壁にタタミを敷いただけ。
    真壁の続き間、床の間のある本格和室は正直初めて。
    今は図面とにらめっこして
    頭を悩ませながらも楽しみな案件です。
    無事に完成したら
    少しは成長した自分に会えるでしょうかー。


    和の建築は奥が深くて
    自分の無知さ加減に心底ムカついて
    ばかやろーとイヤになる反面
    まだまだ知らないことがたくさんあって
    知りたいことが山ほどあるということに
    うれしくなったりするという
    複雑な心境です。

    ブログを読んでいただきありがとうございました。
    お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

    おしごとのこと | permalink | comments(0)
  • 2017.12.07 Thursday

    挑戦。

    昨日は新東京国立美術館で開催している
    安藤忠雄展“挑戦”を見に行きました。
    設計の同僚のいしいちゃんに誘われて
    彼の愛車の白いワーゲンに乗って行きました。
    キライな電車に乗らなくてすむので
    ホント助かります笑

    安藤先生のトークセッションが
    おこなわれるというので
    早めに行って会場で出まちするという
    念のいれよう…
    その甲斐あってトークセッションは大混雑の中
    ほぼいちばん前、安藤先生の息遣いがわかるくらい
    目の前でお話を聞けて感動。
    (こんな計画的なことは私にはできません、
    いしいちゃんのおかげです。)

    で。

    展示会を私がどう思ったかなんて感想なんか
    恐れ多くてひとことも書きたくないから
    ずきゅーんときた言葉のみ自分への健忘録として。


    “住宅とは
    それがどれほど小さなスケールであっても
    そこに住まう人の特別な思いがあり、
    当然、固有の敷地条件、風土があります。
    それらに建築で応えて、
    新しい価値を創り出していくプロセスは、
    大規模な施設の計画と何ら変わることはなく、
    むしろ“住まう”という
    人間の最も根源的な営みを受け止める分より難しく
    ときにより大きな挑戦となり得るものです。”

     

    ものすごく心に刺さった。
    これがまさにインプットだ!!と思った帰り道

    インスタ映えする壁発見!!
    わーいとはしゃぐアホな40代www

    ブログを読んでいただきありがとうございました。
    お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

    おしごとのこと | permalink | comments(0)
  • 2017.12.06 Wednesday

    海外の子供部屋みたいなクロス選び。

    「海外のお部屋みたいなイメージにしたい」
    というのが
    最近いちばん多いインテリアのご要望。
    こんなイメージで、といって施主様が持参される画像も
    海外のおうちの写真オンリーっていうのも多い傾向。

    そんなときは
    輸入クロスとか使うことも多いのですが
    なんせ高い、高額、エクスペンシブ。
    ついでに施工難度も高かったりしてwww
    国産のクロスで海外ぽくするオススメはひとつ。
    “大胆な色、柄を選ぶ”
    ……
    シンプルですがそんなシンプルなことです。
    画像のブルーのクロスは国産品です。
    ちょっと濃いかなーぐらいの色あいを
    アクセントクロスに逃げないでぜーんぶ貼る。
    そんな心意気で選ぶといいのではないでしょうか。


    スタイリングに関してもシンプル。
    “整いすぎない、きっちりしない”
    ちょいテキトーなほうが海外っぽくなります。
    私の性格にちょうどいいんです笑

    ブログを読んでいただきありがとうございました。
    お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

    インテリアばなし | permalink | comments(0)
  • 2017.12.05 Tuesday

    ノスタルジックインテリア。

    レトロな古道具やアンティーク、ヴィンテージ家具。
    一度その魅力にハマると
    新品の家具が買えない病にかかります。
    家具から染み出る味わい、ぬくもり、
    年月を重ねた深い燻し銀の魅力に心奪われて
    新品のつるり、とした家具の感触に
    味気なさを感じてしまうのです。

    施主様が古道具市で購入した味わいある建具。
    これを使いたい!とのご希望でしたが
    昔の家のものだからせいが小さい、1.8m程度。
    そのうえとても華奢で繊細なつくり。
    そこで
    これから長く使うためにリメイクをしました。
    現代建具と同じ大きさになるように木材を足して
    四方枠でがっちり囲み補強。
    引き戸にできるように掘り込みして
    金物をつけて取っ手も掘り込んで。
    手間のかかる作業ですが
    古道具が現代によみがえる楽しい作業でもあります。

     

    施主様のお母様が子供の頃実際に使っていた机は
    センターテーブルとしてよみがえりました。
    よーく見るとお母様が子供の頃書いた落書きがあったりして。
    親子2代で使われる幸せな家具。

     

     

    ノスタルジックな家具と
    レトロポップカラーの上級MIXインテリア。
    近々HPギャラリーにアップします☆

    ブログを読んでいただきありがとうございました。
    お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

    おしごとのこと | permalink | comments(0)
  • 2017.12.04 Monday

    建築というおしごと。

    リノベーション現場調査、1回目。
    すべてはここから始まります。


    建築の仕事に携わって
    すでに20と数年がたちました。(歳がばれる笑)
    私はいわゆる大学の建築科とか専門学校で学んで
    新卒で仕事を始めたという経歴はなく
    ひたすらずっとこういう現場をまわって
    実地で建築の基本のキを学び
    その間に夜学で学校に通って設計の基本のキを学び
    独学で資格を取ったいわゆる異端者組です。
    それでもほそぼそとですがなんとか
    ずっと建築の仕事を続けてきました。

    美術鑑賞、美しいものを見る、海外旅行に行く、
    感性を育てる、情報をインプットする。
    それはとっても大切なことだけど
    建築の仕事でいちばん大事なのは
    地味でつまらない灰色の現場の中に
    重要なことがたくさんたくさん詰まっていて
    それを十分理解できるようにならなければ
    インプットされたものを
    アウトプットすることなんて
    できないのではないかと
    私は思っています。

    ブログを読んでいただきありがとうございました。
    お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

    おしごとのこと | permalink | comments(0)
  • 2017.12.03 Sunday

    情緒不安定。

    ガラスのカップ&ソーサーに落ちる光と影がきれい。

    さて。

    ブログお引越ししたばかりで少々不安定です。
    1日ばかりアクセス不能になりました。
    今までと更新の仕方も違うので手間取り
    せっかく書いた記事を間違えて消してしまったりして
    パソコンに向かってきぃーっ!!と叫んだり
    がっくりと肩を落としたりしてます…

    私自身、情緒が安定してるヒトではなく
    めちゃくちゃ元気でハイな日と
    どよーんとくらーい日があって
    その差が激しすぎるとよくいわれます。
    「今日キゲン悪いから近づかないほうがいい」と
    家や職場や現場でも伝言されたりしますwww
    んなもんで
    いつも情緒が安定している人ってすごいなーって
    ひそかに感心します。

    人にはだれでも光と影みたいな部分があって
    なるたけ影の部分を表にださないでいる。
    そんな中
    感情をむき出しにする情緒不安定な人って
    子供っぽくみえる。
    それは重々わかっていて
    自分のそういうの大キライだし
    直したいと思ってるんですが
    これが、なかなか難しい。
    パソコンみたいにキーボード叩いてぱぱって
    直ればいいのに。

    ブログを読んでいただきありがとうございました。
    お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

    私的できごと | permalink | comments(2)
  • 2017.12.01 Friday

    俺のインテリア。


    竹之内豊さんの某大手HMのCMが好き。
    大空間の広々とした天井の高いリビングで遊ぶ子供。
    天井が高い家にしてよかったわね、と満足気な妻。
    ああ、そうだね、と憂いある優しい笑顔の竹之内パパ。
    が、心の中では
    「本当はオレは天井が低くて狭いところが大好きなんだ…

    おうちを建てるご夫婦と打ち合わせしていると
    とても優しい男性、パパ、お父さんが多いです。
    そりゃもーうらやましくなるくらい。
    「ママの好きなようにしていいよ」という言葉を
    今まで何度聞いたことでしょうかー。
    でもホントは竹之内さんみたいに心の中で
    「オレは天井が低いのが大好きなんだ…」と
    思ってるのかもしれない。
    ママの好きなようにしていいよ、という
    優しいパパの本心に迫ってみたい気もするけど
    がしかし
    夫婦円満と打ち合わせを円滑に進めるためには
    見てみぬフリのほうがいいのかは
    わかりませーん笑

     

    画像のおうちは
    ヴィンテージ好きのパパ主導で造ったおうち。
    高い天井のリビングはパパのお気に入りです。
    (……の、はず、たぶんwww)

     

    ブログを読んでいただきありがとうございました。
    お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

    おしごとのこと | permalink | comments(0)
1 2 3 4 5 6 171